ドレスアップ(DIY)・豆知識備忘録

主に車の自己流の整備や解説、ドレスアップをメインに掲載しています

RR車の仕組み解説!

 

f:id:anastasier:20180524194407j:plain

 

自動車のスペックを語る上では欠かせない「RR」について詳しくわかりやすくご紹介します。

駆動方式の構造、仕組みといった基本的なことから、メリットやデメリットについてご覧いただけます。

 

 

f:id:anastasier:20180524193820p:plain

RRとはリアエンジン・リアドライブ(Rear Engine・Rear Drive)の頭文字を取った略称で、車体の後部にエンジンがあり後輪を駆動する方式の名称のことをいいます。

上の概念図のとおり後輪車軸の真上もしくはそれより後部にエンジンが位置しています。

エンジンが後輪車軸より前に位置するとMR(ミッドシップエンジン・リアドライブ)になります。

 

RR車の特徴は、後ろにエンジンがあるため外見上のデザインはフロントノーズを低くできる特徴があります(1BOXは除く)。

ボンネットを開けると、そこにはスペアタイヤや収納スペースがあることがほとんどです。

参考に、下の画像はポルシェ911です。

f:id:anastasier:20180524211952j:plain

 

現在はRR車が珍しくなってしまいましたが、1960〜70年代の小型車には非常にたくさんのRR車が製造販売されていました。

車の重量の大部分を占めるエンジンとトランスミッションが後ろにあるため、重量の大部分が後輪車軸に掛ることになります。

この特徴は走行性能に大きな影響を与えます。

 

メリット

・全体の構造が比較的シンプル

操舵輪(ハンドルを切る車輪)は前輪部分に、エンジンやトランスミッション などの駆動系は後輪部分にと、車の主要な構造を前後にシンプルに分離することができます。

シンプルな構造はコストやメンテナンス性に大きなメリットが発生します。

 

・室内空間を広く取れる

エンジンやトランスミッション など車の主要な部分を車体の後部へ押しやることができますので、室内空間を広く取れるメリットがあります。

 

・ハンドル操作が軽く、小回りが利く

車のフロント部分の機械的構造物は操舵装置のみとなり空間を多く確保できるので、それに伴い車両前部分の重量を軽量化できますし前輪周辺のスペース(タイヤハウス)もゆとりを持たせられるので、ハンドルを切ったときの前輪の曲がりも目一杯取れます。

これは操舵輪の切れ角を大きく取れて小回りが効きやすくなることに加え、前輪に掛かる重量が軽いためハンドル操作も軽くなるメリットがあります。

1960〜70年代のコンパクトカーにRR車が多かったのは、その理由が背景となっています。

当時はハンドル操作をアシストするパワーステアリングが装備されておらず、ハンドル操作が軽くなり車両空間も広く取れ、シンプルな構造で低コストな生産ができることからRR車が小型車の主流となっていました。

 

・加速力に優れる

車は加速するとき後ろに荷重がかかります。

重たいエンジンが後輪にたっぷりと重量を掛けていますので、アクセルを目一杯踏んでスタートするときタイヤが空転しにくくなります。

停止状態でもしっかりと後輪に荷重がかかった状態で、さらに加速のGによって後輪に荷重がかかるためRR車特有のロケットスタートが可能となります。

 

・制動性能(ブレーキ)に優れる

ブレーキを掛けると車は前の方に荷重が掛かります。

重たいエンジンが後ろにあるRR車はブレーキを掛けると前輪と後輪両方バランスよく荷重が掛かることになります。

RR車のスポーツカーの代表車ポルシェはこのブレーキ性能の良さと加速力の良さが世界的に高い評価を受けています。

 

・デザイン性が幅広い

高さのあるエンジンがフロントにないため、フロントノーズは極限まで低くできます。
これは流麗なデザイン性を生み出します。

ポルシェをはじめとするRRのスポーツカーのデザイン性の高さの理由となっています。

 

デメリット

・直進安定性に欠ける

これはRR車特有ののメリットである「小回りが効く・ハンドル操作が軽い」がデメリットになってしまう点です。

車の後ろに重量物があるため、操舵輪は言わばスカスカな状態です。

このため直進安定性はどうしても悪くなるデメリットが生じます。

操舵輪にずっしりと荷重が掛かっている方が直進安定性は向上します。

 

コーナリングオーバーステアになりやすい

これは前述の直進安定性の悪さと関連します。

前輪が軽く後輪が重たいためコーナーを曲がるとき、後輪から前輪を斜めに押し出す力が働き、車はカーブの内側に巻き込むようになってしまうオーバーステア の傾向が出てしまいます。

 

・オーバーヒートのリスクがある

 エンジンが車体後方に位置するため走行風を受けにくく、スポーツ車等ではオーバーヒートし易いという欠点があります。

 

・高性能化に伴いフロント側のスペースが犠牲になる

1960〜70年代の自動車文化の黎明期にはもてはやされたRRですが、技術が向上し車が高出力化・高速化するとフロントサスペンションやフロントブレーキは単純な構造では走行安定性と安全性を保つことが困難になるため複雑化・大型化していきます。

これによりフロント部分(ボンネット)のスペースがサスペンションにスペースを奪われるなど、車のトータル的な空間が効率よく取れなくなります。

このデメリットはRR車が廃れていった最大の要因の1つです。

 

・スポーツ走行時の運転は高難度

RRは特にコーナリングが難しいとされています。

前述しましたが、加速しながらカーブを曲がると前輪側の荷重が抜けてしまうためコーナーの内側に巻き込むオーバーステアとなります。

早くコーナリングをするためにはカーブの直前で適切なスピードに減速、さらにカーブを曲がり切るまでは前輪に荷重が掛かるよう適度な減速をしつつステリング操作をし、カーブを抜けきった瞬間にアクセルを踏み込み加速といった高い運転技術が求められます。

 

 

RR(リアエンジン・リアドライブ)についてのまとめ記事はいかがでしたでしょうか。

RR車は技術が発展した現在では強いメリットとはなくなってしまったようです。

かねてから日本ではRR車は数少ないのが特徴です。

一方でポルシェのようにRRがアイデンティティとなった911や、新型コンパクトカーがRRでデビューしているスマートやルノー・トゥインゴなどは非常に興味深いのではないでしょうか?

すべての駆動方式について、わかりやすく詳しくご紹介しています。

 

 

anastasier.hatenablog.com

 

anastasier.hatenablog.com

 

anastasier.hatenablog.com

 

anastasier.hatenablog.com